画像認識技術だからこそ広がる、多彩な用途の可能性。

安全な走行を支援するため、さまざまな車載システムの研究開発が進められています。中でも歩行者検知に関しては、ミリ波を利用したシステムが、すでに一部の高級車に搭載されています。当社が研究開発を行っているのは、可視光と赤外線のハイブリッドカメラを使用した歩行者検知装置。人だけでなくさまざまなモノの形状を知ることができる画像認識の特性を活かし、自動車以外の分野への応用も期待されています。

技術開発の背景 - Social Needs

「海外製品に対抗できる、信頼性の高い歩行者検知システムで、運転者支援機能のさらなる充実を図りたい。」

この技術の概要 - Outline of the Technology

可視光カメラと遠赤外線カメラのハイブリッドカメラにより、昼夜を問わず、あらゆる場所での歩行者検知を可能に。

この技術の発展途上なところ - Technology in Process

歩行者を正確に判定するための検出率の向上と、検知アルゴリズムの車載用ボードへの組込み実現が、今後の課題。

将来的に期待できること - Future of the Technology

人やモノの検知で、自動車の予防安全機能の高度化に貢献。
工場内の危険予知や、不審者発見への応用も。

この技術の強み - Advantage Point

1.車載製品への深い理解に基づく信頼性の高さ

車載システムには、低消費電力など、組込みシステムならではの特性や、高い信頼性が要求されます。萩原電気がルネサス特約店として蓄積してきた、組込み用ハードウェア設計に関する豊富なノウハウが活かせる分野といえます。

2.車載カメラを利用した物体検知アルゴリズムを独自開発

NEC製CyberWorkBench向け画像ライブラリの開発などで培った画像処理に関する知識をもとに車載カメラを利用したオリジナリティのある物体検知アルゴリズムを考案し独自開発をしています。

活用事例一覧に戻る

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ
技術基盤に関するお問い合わせ

事業紹介

事業紹介トップ

久久久久青草大香综合精品_欧美另类69XXXXX_欧美R级高清无删节整片在线观看_吻胸摸腿揉屁股娇喘视频