検査工程の効率化により少量多品種生産への対応力もアップ。

自動車に搭載されている発電部に内蔵される制御用マイコンボードを製造するお客さまに対して、製品検査工程の改善を図りました。回転機構部の動きをコンピュータ上で仮想的に再現することにより、実際の回転機構部を設置して試験する必要がなくなり、検査装置のダウンサイジング、ローコスト化、段取り替え時間の短縮に成功。検査工程の効率化により、少量多品種の注文にも応えられるようになり、顧客対応力の向上にも貢献しています。

お客さまのご要望 - Customer’s Demand

「検査工程の時間?スペース?コストのムダをなくしたい。検査精度は保ちながら生産効率をあげられる画期的な方法はないか。」

自動車のエンジンから伝達される回転エネルギーを電気に変換し、電装部品に電気を供給する発電機。その発電機に内蔵され、交流電力を直流電力に変換する整流ボードの検査工程には、実際の回転機構部を設置してテストする大型装置が使用されていました。
しかし、この検査工程にはスペース?時間?コストなどの面でムダも多く、これを効率化したいというのが、お客さまのご要望でした。
そこで与えられた課題は、

ということでした。
そこで、当社に蓄積された様々なノウハウを多角的に応用して、課題解決に臨みました。

キーポイントとなるソリューション - Keys of the solution

1.「プラントモデル」開発で培った技術を応用

2.専任チームによるきめ細かいトータルフォロー

3.海外展開にもローコストで対応できる利便性

ソリューションの効果 - Effects of the solution

省スペース化、納期短縮、人件費?設備投資費の削減に成功。
小ロットの注文にもフレキシブルに応えられる生産ラインを実現。

プロジェクトの裏側

この技術を、幅広い分野で活かしたい。

発電機の動きを正確にシミュレーションモデル化するために、設計?開発部の方々に綿密なヒアリングを重ねていきました。これまで当社が手がけてきたプラントモデル開発のノウハウが充分に活かされたと思います。
この技術は幅広い分野への応用が可能です。例えば少量多品種生産が求められる家電、大規模な検査装置を必要とする工作機械などに搭載されるCPUボードの検査工程などが考えられます。
今後も、当社のノウハウと柔軟な発想を、様々なフィールドで活かしていきたいですね。

活用事例一覧に戻る

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ
技術基盤に関するお問い合わせ

事業紹介

事業紹介トップ

久久久久青草大香综合精品_欧美另类69XXXXX_欧美R级高清无删节整片在线观看_吻胸摸腿揉屁股娇喘视频