車体と周囲の位置関係を把握しやすい画像で、ドライバーを支援。

車載カメラで後方を映す駐車支援システム。撮影した画像をそのまま表示するため、手前は幅広く、奥に行くほど幅が狭まって映ります。これに対して、真上から見た鳥瞰画像なら、位置関係をより把握しやすくなりますが、実際に車載カメラで鳥瞰画像を撮影することはできません。鳥瞰変換(TopView)は、当社得意の画像処理アルゴリズムにより、車体後方の魚眼カメラで撮影した画像を、真上から見た鳥瞰画像に変換する技術です。

技術開発の背景 - Social Needs

「得意の画像処理技術を、世の中の課題解決に役立てたい」。
応用分野を模索する中で、駐車支援に注目。

この技術の概要 - Outline of the Technology

HD魚眼カメラ画像を、歪み補正と座標変換で任意の角度の画像に。
ハードウェアへの画像アルゴリズム搭載で、高速処理を実現。

この技術の発展途上なところ - Technology in Process

画像処理専用のハードウェアが不可欠。
新たな車載部品の搭載を、いかに実現するかが課題。

展示会では多くのお客さまから、画像表示のスピードを高く評価いただいています。ただし、この高速処理は、ハードウェアへの画像アルゴリズム搭載によるもの。実用化には、この画像処理専用ハードウェアの車載が不可欠です。新たな部品を自動車に搭載するには、さまざまな制約をクリアしなければならないため、自動車関連メーカーなどのお客さまとともに、可能性を模索していく必要があります。

将来的に期待できること - Future of the Technology

「真上からの画像」が可能にする、
見えにくい箇所の危険予知や、正確な事故状況の把握。

この技術の強み - Advantage Point

1.当社ならではのアルゴリズムと実装技術による高速処理

当社の得意とする画像処理技術とハードウェアへの実装技術により、C言語によって記述した画像処理アルゴリズムをFPGAに搭載。1280×720画素のプログレッシブHD画像を、フレームレート60fpsという高速で処理します。

2.魚眼レンズからの大量な画像情報収集

魚眼レンズを使用することで、1枚の画像に、広角な視野から、肉眼とは比較にならないほど豊富な量の情報を収集。周辺の歪みの大きい部分からも、補正を行うことで有効な情報を得られます。

活用事例一覧に戻る

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ
技術基盤に関するお問い合わせ

事業紹介

事業紹介トップ

久久久久青草大香综合精品_欧美另类69XXXXX_欧美R级高清无删节整片在线观看_吻胸摸腿揉屁股娇喘视频